県内10会場で研修・意見交換会を実施

宮城県地域コミュニティ再生支援事業の一環として、研修・意見交換会を県内10会場にて実施しました。
62団体84名の自治会関係者の方にご参加いただきました。

講師に「わしん倶楽部」田中勢子氏をお招きして「クロスロード」ゲームを実施。
阪神淡路大震災で実際に支援の現場にいた方々が、当時直面した悩みを設問とし、参加者全員で「自分ならどうするか」を考える内容になっています。
ペットについて、アレルギーについて…それぞれの考えがあります。正解を探すのではなく、「そういう考えもあるのか」という ”気づき” を得てもらうことを目的として実施しました。

関連記事

  1. 【活動報告】立正佼成会一食平和基金 宮城県復興支援事業 復興…

  2. 【お詫びとお知らせ】みやぎまちづくり自慢大会開催中止(今年度…

  3. 気仙沼NPONGO連絡会

  4. 【政府情報】

  5. 【登米市各種情報】

  6. 【活動報告】第2回市町村担当者円卓会議を開催しました(6月3…