【開催告知】東日本大震災から6年。 地域の復興に向けた企業とNPOのこれまでとこれから ダイアローグ・セッション

企業NPOダイアログ画像2

下記のダイアログ・セッション(円卓会議)を、企画運営させて頂きます。
是非とも多くの皆様との意見交換を通し、これからの在り方をかたちづくりたいと思います。
ご参加・お問い合わせの程、お待ちしております。

ーーー
東日本大震災から6年。
地域の復興に向けた
企業とNPOのこれまでとこれから
ダイアローグ・セッション
ーーー

≪開催チラシはこちらから≫

【開催主旨】
震災から6年が経過するものの、解決すべき地域の復興課題は未だ多くあります。復興の大きな担い手であるNPOは、財源の減少に伴い活動の継続が大きな課題となっています。今後の課題解決の為にも企業との協働連携はテーマの一つですが、協働関係までは至っていない例は少なくありません。NPOは企業からの一方的な支援に頼りがちになってしまっている一方で、企業のCSR担当者は、組織内から単なる支援ではなく本業につながるような効果的な取組を行うように求められており、パートナーとなりえるNPOや、地域の復興課題等に関する情報を求めている状況にあります。NPOと企業の協働による地域課題解決のさらなる促進を目指し、NPOと企業の取組のこれまでを振り返り、これからの在り方を議論する円卓会議を開催します。

【実施概要】
■開催日時・場所(下記2会場で開催します)
□気仙沼セッション
日時:2月17日(金)15:00~18:00
会場:K-port   会場アクセスはこちらから

□女川セッション
日時:3月3日(金)13:30~17:00
会場:女川フューチャーセンターCamass 会場アクセスはこちらから

■共通プログラム:
□第一部:
NPOと企業の取組状況の共有

NPOと企業のダイアログ(円卓会議)
□第二部:
交流会

■対象者・定員
□対象者:地域復興に取り組む企業・NPO・行政担当者、テーマにご関心のある方はどなたでもご参加頂けます。
□定員 :40名(定員に達し次第、締切とさせて頂きます)

■登壇者・報告者(その他の登壇者・報告者も随時調整中です)
□気仙沼セッション
一般社団法人リアス観光創造プラットフォーム
アサヤ株式会社
一般社団法人観光コンベンション協会
一般社団法人ボランティアステーションin気仙沼【New!】
認定NPO法人底上げ【New!】

□女川セッション
ロート製薬株式会社
特定非営利活動法人アスヘノキボウ
積水ハウス株式会社
特定非営利活動法人石巻復興支援ネットワーク ほか

■お申込み方法
下記フォームメーラー、またはチラシ裏面よりお申込み下さい。
≪お申し込みはこちらから≫

【実施体制】
■主催:
宮城県 環境生活部 共同参画社会推進課

■企画運営 :
一般社団法人 みやぎ連携復興センター

■企画協力 :
特定非営利活動法人いしのまきNPOセンター
特定非営利活動法人アスヘノキボウ

本企画は、宮城県「宮城県NPO等の絆力を活かした震災復興支援事業」の一環で実施します。

■事務局・お問い合わせ先
一般社団法人みやぎ連携復興センター
担当:石塚・堀内

〒980-0804 宮城県仙台市青葉区大町1-3-7 裕ビル6階
TEL  022-748-4550
FAX  022-748-4552
Email  info(アットマーク)renpuku.org

スライド1スライド2

関連記事

  1. 【ご案内】復興庁「心の復興事業」の募集開始

  2. 復興ものづくり交流会inわたり 開催のお知らせ

  3. 【活動報告】第21回 若林区 復興の輪ミーティングに参加して…

  4. NPO等の活用可能な政府の財政支援について復興庁より公表され…

  5. 【ご案内】平成27年度 宮城県被災者支援従事者研修事業 災害…

  6. 災害公営住宅ってなんだろうセミナー開催のお知らせ