シンポジウム「東日本大震災8年目 被災地がいま求めるもの、わたしたちができること」 開催

「東日本大震災8年目 被災地がいま求めるもの、わたしたちができること」と題したシンポジウムが9月20日(木)、18:30より、せんだいメディアテーク1階オープスクエアにて開催されます。
7年半が経過する中で、土木事業の復旧は進んでも本来の地域再生の担い手である人の「復興」はいまだ遠く、被災地外では、人々の記憶の風化も起きています。
いま、何が問題なのか。他者であるわたしたちにできることは何か。
シンポジウムとパネルディスカッションの2部構成で“人の復興”に向かい、「わたしができること」を共に考える機会になります。
入場無料。詳しくはチラシ参照。

シンポジウム概要

日時

2018年9月20日(木)18:30~20:30[開場 18:00]

場所

せんだいメディアテーク 1階オープンスクエア

定員

定員100名予定(一般、大学生、高校生 対象)

申込

参加ご希望の方は、「申込者名」と「参加人数」を明記し、講演会準備事務局宛にメールでお申し込みください。
メールアドレス:kinen@shokei.ac.jp

チラシダウンロード

チラシは下記ボタンからダウンロードできます。

シンポジウム チラシダウンロード(PDF)

お問い合わせ

〒981-1295
宮城県名取市ゆりが丘4-10-1 尚絅学院大学 大学改編準備室(佐々木)
TEL.022-318-3343 FAX.022-381-3325

関連記事

  1. ぼうさいこくたい(防災推進国民大会2017) 東北スペシャル…

  2. 一般社団法人みちのく復興・地域デザインセンター設立のお知らせ…

  3. 【震災後に中高生が果たした役割の記録プロジェクト】

  4. 静岡県内外の災害ボランティアによる救援活動のための図上訓練参…

  5. 本日台風接近のため営業を終了いたします

  6. 復興ボランティア学 ワークショップ