シンポジウム「東日本大震災8年目 被災地がいま求めるもの、わたしたちができること」 開催

「東日本大震災8年目 被災地がいま求めるもの、わたしたちができること」と題したシンポジウムが9月20日(木)、18:30より、せんだいメディアテーク1階オープスクエアにて開催されます。
7年半が経過する中で、土木事業の復旧は進んでも本来の地域再生の担い手である人の「復興」はいまだ遠く、被災地外では、人々の記憶の風化も起きています。
いま、何が問題なのか。他者であるわたしたちにできることは何か。
シンポジウムとパネルディスカッションの2部構成で“人の復興”に向かい、「わたしができること」を共に考える機会になります。
入場無料。詳しくはチラシ参照。

シンポジウム概要

日時

2018年9月20日(木)18:30~20:30[開場 18:00]

場所

せんだいメディアテーク 1階オープンスクエア

定員

定員100名予定(一般、大学生、高校生 対象)

申込

参加ご希望の方は、「申込者名」と「参加人数」を明記し、講演会準備事務局宛にメールでお申し込みください。
メールアドレス:kinen@shokei.ac.jp

チラシダウンロード

チラシは下記ボタンからダウンロードできます。

シンポジウム チラシダウンロード(PDF)

お問い合わせ

〒981-1295
宮城県名取市ゆりが丘4-10-1 尚絅学院大学 大学改編準備室(佐々木)
TEL.022-318-3343 FAX.022-381-3325

関連記事

  1. 「みやぎボイス2016-これまでの復興・これからの私たちの社…

  2. 応援隊・支援員インタビュー「土と風‐地域を耕す人びと-201…

  3. 阪神・淡路大震災に学ぶ~東日本大震災での復興公営住宅の暮らし…

  4. アーキテクツウィーク2017

  5. ☆復興エコツーリズム観光・復興買物志縁ツアー志縁

  6. みやぎ連携復興センター 平成30年(2018年)夏季休暇のお…