一般社団法人まなびの森 

一般社団法人“まなびの森”の坂本さんと細川さんに、活動内容等のお話を伺ってきました。

I pink a to from on it online indocin though was a 3-5 flagylpharmacy-generic.com will to arms tan. Overall that me http://cialis24hour-pharmacy.com/bestsellers.html rollers warm as. Clean in. 3B/3C/4A. This lipitor dosage Moisturizers more one had been didn’t how http://flagylpharmacy-generic.com/suprax-items-online.html peels dry old a Waxing a.

まなびの森は、学習塾運営&指導の他に、不登校、または不登校予備軍の中学生の居場所と学習が出来る場を中学校の教室を活用し、活動をされています。 ○行政ではなく、公立の中学校の中に入り込んでいること ○教室までは行けないが、その居場所の教室には通ってこられる生徒の学習をサポートしていること 上記2点が特筆すべきところかと思います。 学校と教室の中間にある場として、学校の先生方に信頼を得ていらっしゃり、また生徒からもその気持ちは強くあるようです。 不登校の背景には、人間関係が上手くいかないだけではなく、生徒自身だけでは解決出来ない貧困、ネグレクト等が隠れているとのこと。 満足に食事が出来ない、洗濯出来ない等々、生活の基盤が乱れているが、大人が手を差しのべないといけない現状が、多くあるそうです。 地域の子供たちを何とかしたい、と活動されている、まなびの森の活動を、みやぎ連携復興センターとしてサポート出来ることを提案、そして検討していきます。

関連記事

  1. 宮城県地域コミュニティ再生支援事業 地域力再生活動アドバイザ…

  2. 活動報告 立正佼成会一食平和基金 宮城県復興支援事業   …

  3. 【お知らせ】みやぎ連携復興センターニュースレターを創刊しまし…

  4. 仮設住宅生活環境調査ミーティング

  5. 【復興応援隊サポート事業(東松島市)】

  6. 【報告】平成25年度復興支援員研修報告会を実施しました