【ご案内】Humanitarian Innovation Forum Japan 2016

人道支援イノベーション協働準備会様より、表題の件のご案内をいただきました。

昨今の世界情勢に対応するため、国際的な人道支援の強化と効率化が大きな課題となっております。本年5月にトルコ・イスタンブールで開催される世界人道サミットにおいて、日本としては人道支援の課題に対し「イノベーション」という観点から貢献することを世界から期待されています。
そこでこの度、日本国内の主要NGOネットワーク、政府、大学が連携し、「企業等の優れた技術やノウハウを人道支援の課題に適用し、継続的にイノベーションを生み出せるプラットフォーム」を構築するためのプロジェクトを開始する運びとなりました。
つきましては、その第一回目として、「Humanitarian Innovation Forum Japan 2016」と題し、来る3月に仙台市にて下記の通りフォーラムを開催いたします。
日本発のベストプラクティスの実現のため、皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げております。

Humanitarian Innovation Forum Japan 2016開催概要
日 時 2016年3月13日(日) 10:00-20:00(懇親会含む)

場 所 東北学院大学 土樋キャンパス 8号館 押川記念ホール(仙台市青葉区土樋1-3-1)

参加費 無料

対 象 NGO・NPO、グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン加盟企業、JPF賛助企業、経団連加盟企業、イノベーション提供企業、
     地元企業・団体、大学・研究機関、国際機関等

主 催 ジャパン・プラットフォーム(JPF)、国際協力NGOセンター(JANIC)、防災・減災日本CSOネットワーク(JCC-DRR)、東北学院大学、外務省

協 力 国連人道問題調整事務所(OCHA)、支援の質とアカウンタビリティ向上ネットワーク(JQAN)、[調整中:JICA、仙台市、グローバルコンパクト]

事務局 人道支援イノベーション協働準備会※ ※JPF、JANIC、JCC-DRRにて構成
(JPHIL: Japan Partnership for Humanitarian Innovation Leaders)

趣 旨
Creating Shared Value(CSV)の考えのもと、支援現場の問題と企業等が持つ優れたソリューションの双方を把握し、セクターを超えた協力体制により人道支援に持続的にイノベーションをもたらすプラットフォームを作ることを目指す長期プロジェクトのキックオフ。まずは「イノベーションを生み出す方法論」についての仮説づくりと検証を行う。
本フォーラムについて、2016年5月のイスタンブールにおける「世界人道サミット」において、「イノベーションによる人道支援改革」に関する日本での事例として発表する予定。

次 第
[10:00-17:30] 1. 主催者挨拶・プログラム説明、2. 基調講演、3. 事例紹介、4. 問題テーマ※説明、5. グループワーク、6. グループ発表、7. クロージング
※①防災・減災、②水・公衆衛生、③災害後のビルドバックベター、④プロテクション(人道保護)

[18:00-20:00] 懇親会(任意参加:要事前登録)

申 込 次のウェブサイトよりお申し込みください
http://goo.gl/forms/ZXERBRUpzu

申 込期限 2016年2月29日(月)(詳細は20160313HIFチラシをご参照ください。)

以上

関連記事

  1. 【開催告知】福島県県外避難者の皆様へ 次年度の支援制度等の説…

  2. なとりこどもファンド こども審査員も同時募集!

  3. 【災害に強いコミュニティのための市民フォーラムのご案内】

  4. ホームページをリニューアルいたしました。

  5. 【サラリーマン(ウーマン)/シニアボランティア活動助成】

  6. 【ご紹介】兵庫県 復興制度等提言事業調査報告書