「みやぎボイス2016-これまでの復興・これからの私たちの社会-」開催のご案内

これまでの復興と、これからの私たちの社会

日時:2月28日(日)9:30-18:00
会場:せんだいメディアテーク1F オープンスクエア
主催:みやぎボイス連絡協議会
[ 代表団体 ] 公益社団法人 日本建築家協会東北支部宮城地域会
[ 構成団体 ] 一般社団法人 みやぎ連携復興センター
        一般社団法人 東北圏地域づくりコンソーシアム

 間もなく3.11東日本大震災からの「集中復興期間」5年が過ぎようとしています。宮城の被災地は、再建住宅が建ちはじめた高台移転地と盛土の中を工事車両が行き交う沿岸の町、営みが消え草地と目新しい防潮堤だけが続く海岸線、震災の痕跡を見出すことも困難な仙台の街などいろいろな5年目を見せています。一方、東京オリンピックに関心が移った首都圏での記憶の風化が顕著です。

 私たちは創造的復興と災害に強いまちづくりにどれだけ近づいているのでしょうか。

 震災直後のそれぞれの立場での孤立からの脱却と課題解決型復興への共創のプラットフォーム構築の大切さを痛感した私たちは、2012年日本建築家協会東北支部が「つながるボランティア・震災復興と専門家の連携」を、翌年からは被災地からの発信”みやぎボイス”とし2013年「地域とずっと一緒に考える復興まちづくり」、2014年「復興住宅のこえ」、2015年「復興で橋渡しするもの」を主題としたシンポジュウムを、多くの後援に支えられ、”みやぎボイス連絡協議会”の協働で行って来ました。その結果は「建築・まちづくり分野での代表的復興支援活動」、「将来への貴重なアーカイブス」と多くの方々から高い評価をいただいて来ました。
 来年も引き続き地域に立脚した課題解決と共創を実現する地域社会構築に向け、「これまでの復興と、これからの私たちの社会」を主に”みやぎボイス2016”を開催します。復興に取り組み見守ってきた市民、行政、支援者、事業者、専門家が一同に集い、事例報告と3つのラウンドテーブルでのセッション・意見交換を展開します。プラッフォームでの協働を通して、これまでの総括とこれからの地域社会と共創のあり方とを明らかにします。

事前申込不要、入場無料となっておりますので、是非ご参加ください。

詳細は以下のチラシをご覧ください。
みやぎボイス2016

関連記事

  1. 【イベント告知 】シンポジウム『災害メモリアル施設が果たす役…

  2. 応援隊・支援員インタビュー「土と風‐地域を耕す人びと-201…

  3. 応援隊・支援員インタビュー「土と風‐地域を耕す人びと-201…

  4. 応援隊・支援員インタビュー「土と風‐地域を耕す人びと-201…

  5. 2014年度トヨタ財団助成金東日本特定課題公募説明会のご案内…

  6. 【お知らせ】当センターニュースレター第3号(2016.10号…