即応体制の強化を目指して

せんだい・みやぎNPOセンターの渡辺一馬です。
今さっきも大きめの余震があって、ちょっと驚きました。

さて、みやぎ連携復興センターは
以前お知らせした5団体に加え、
先日より、マルシェ・ジャポン仙台を運営している
「せんだいファミリアマルシェ実行委員会」にご参加いただき
炊き出しや救援物資配送などの即応体制が
大幅に強化されました。

もともと「せんだいファミリアマルシェ実行委員会」さんは
この震災後すぐに炊き出し支援を始め、
また、救援物資も全国から集めて、被災者に配るという
活動をしています。

最近は、福島県の南相馬市にも物資支援のために
入っています。

マルシェを含めた6団体で、より一層即応力を高め
行政ベースでは難しいニーズへの対応を進めていきます。

関連記事

  1. 【ご紹介】walk with 東北プロジェクト

  2. 「市民がつくる復興ロードマッププロジェクト」パブリックコメン…

  3. 傾聴ボランティア養成講座について

  4. 【東日本大震災 市民社会による支援活動レビュー 東北ワークシ…

  5. 令和2年度TOTOグループ募金 宮城・岩手・福島三県震災復興…

  6. 【ご案内】子どもの権利条約プレフォーラム in 石巻