即応体制の強化を目指して

せんだい・みやぎNPOセンターの渡辺一馬です。
今さっきも大きめの余震があって、ちょっと驚きました。

さて、みやぎ連携復興センターは
以前お知らせした5団体に加え、
先日より、マルシェ・ジャポン仙台を運営している
「せんだいファミリアマルシェ実行委員会」にご参加いただき
炊き出しや救援物資配送などの即応体制が
大幅に強化されました。

もともと「せんだいファミリアマルシェ実行委員会」さんは
この震災後すぐに炊き出し支援を始め、
また、救援物資も全国から集めて、被災者に配るという
活動をしています。

最近は、福島県の南相馬市にも物資支援のために
入っています。

マルシェを含めた6団体で、より一層即応力を高め
行政ベースでは難しいニーズへの対応を進めていきます。

関連記事

  1. 復興庁|東日本大震災から10年ボランティア、被災地との「絆」…

  2. 仮設住宅における自治組織運営や復興公営住宅等への移転に関する…

  3. 【報告書掲載】平成28年度「みやぎ地域復興ミーティング コミ…

  4. プランジャパン、ケア宮城、共催フォーラム「被災地の回復力を高…

  5. みやぎ連携復興センター準備室を立ち上げます

  6. 【情報共有】日本司法書士会連合会 新型コロナウイルスに関す…