復興まちづくり協議会等事務局ステップアップ助成とは

れんぷくでは、立正佼成会一食平和基金のご協力のもと、「復興まちづくり協議会事務局基盤強化・学び合い助成」と称して、復興に関する活動を行う住民主体のまちづくり団体を対象とした助成金事業を展開しております。先進事例に学び、復興まち協事務局をよりよい組織へステップアップするための支援がこの助成金の目的です。

立正佼成会一食平和基金からのメッセージ

行政ではできないことを応援する助成金

行政では資金的に縛りがあり、支援できないこともあります。本事業では、行政の枠組みでは対応できない使途についても、ある程度自由に活動の展開に応じて助成金を使ってもらえることができるようにしました。このことは、報告会で助成した団体から感謝の言葉をいただき、このような枠組みの助成金にして良かったと思います。また、資金支援だけでなく、他団体に学びながらヒントに繋がる機会になったこともこの事業の成果だと思います。

私たちの思いを託すには、信頼できるパートナーが必要

被災地への復興支援は、震災直後はたくさんの大きな支援がありましたが、その時期が過ぎて支援が薄くなった時に、私たちはまだ支援が必要ではないかと考えました。そこで、「みやぎ連携復興センター(れんぷく)」と連携することにしました。れんぷくは、震災後から現場に近い情報収集能力を持っていて、団体同士繋ぐ力があるので、安心して連携できる信頼に足るパートナーと考えました。

ステップアップ助成の仕組みを今後の被災地支援のモデルに

被災地のことが忘れられていく中で、本事業を通じて会員に情報を提供することは意義あると思います。他国・他地域での災害支援においても、形は違うけれども、大切にしたいのは被災地を忘れないことであり、その情報を伝え続けることです。

本事業は私たち自身が人を思いやり、自分を育てていただく機会にもなっていると思います。今後は、この宮城での取り組みを被災地におけるまちづくり支援の際のモデル事業として活用できればと思っています。

復興まちづくり協議会等事務局ステップアップ助成 事業展開

復興まちづくり協議会等事務局ステップアップ助成 実施地域

Loading
Center map
Traffic
Bicycling
Transit

復興まちづくり協議会等事務局ステップアップ助成 活用事例

Case1

筆甫地区振興連絡協議会

筆甫地区振興連絡協議会

筆甫地区振興連絡協議会では、地域の未来に希望を持てるビジョンと、次世代の担い手である若者をどのように育成するのかが課題でした。助成金事業としてどのようにこの課題を解決していくのか、説明いたします。

Case2

特定非営利活動法人わたりグリーンベルトプロジェクト

特定非営利活動法人わたりグリーンベルトプロジェクト

わたりグリーンベルトプロジェクトは防潮林の植樹活動を行っています。この活動をさらに地域と企業を巻き込むにはどのようにすればいいのか?助成金事業として着手しています。

Case3

閖上地区まちづくり協議会

閖上地区まちづくり協議会

2000人の閖上地区の人口を、5倍の1万人目指して、この助成金を使った事業として展開しています。

Case4

南蒲生復興部

南蒲生復興部

震災を契機に防災集団移転・現地再建・自主移転など三者三様の住民の想いを実現するために町内会に「復興部」を作り、助成金を使い事業展開をしました。

Case5

あおい地区まちづくり整備協議会

あおい地区まちづくり整備協議会

あおい地区まちづくり整備会は、自治会設立準備会や設立準備研究会などのステップを経て、地区の横断課題解決や取り組みを行う「あおい地区会」を形成するために、助成金を活用しております。

Case6

石巻仮設住宅自治連合推進会

石巻仮設住宅自治連合推進会

石巻仮設住宅自治連合推進会では、研修・視察、自治連広報冊子の制作、事務局用会計ソフトの購入に本助成金を活用しました。冊子は各方面からの視察や、熊本地震などの別の災害地でも役立つ資料として活用されています。

Case7

鮎川港まちづくり協議会

鮎川港まちづくり協議会

鮎川港まちづくり協議会は、助成金を使い勉強会や研究会を開催、地元の民宿や飲食店事業者との協力体制を創り、地元の海産物をPRする「試食会」イベントを開催することができました。

Case8

ジョイフル網地島

ジョイフル網地島

地域おこしの一環で始まったオリーブ栽培を通じて、網地島の島おこしを行っています。現在はファンクラブ的な網地島PRを担う人材ネットワークづくりを行っています。

Case9

大谷里海づくり検討委員会

大谷里海づくり検討委員会

地域のハードの整備やソフトを動かす制度の整備、そして事務局と住民の想いを紡ぎ、まちづくり活動をしています。

Case10

階上地区まちづくり協議会

階上地区まちづくり協議会

地域の特徴を生かして、4つの部会の立ち上げ。それぞれの部会を繋ぐために事務局が情報発信などを工夫して住民の自発性をバックアップしています。

Case11

八日町復興まちづくりの会

八日町復興まちづくりの会

仮設住宅に集まっている様々の立場の人が地域の交流拠点が必要と考え、まちづくり拠点の「福祉カフェ」をオープンさせました。